ウォーターサーバー豆知識

仕組み

仕組み

ウォーターサーバー特有の、ワンウェイとリターナブルという2種類の仕組みがあるのをご存知でしょうか。
ウォーターサーバーを考える際には、ワンウェイとリターナブルと呼ばれる方法について把握しておきましょう。

蛇口から水が出せるのはどちらの方式でも同じことですが、その後の処理の方法が異なります。
ワンウェイ方式というのは、ウォーターボトルが使い捨てのものをいい、飲み終わったら廃棄処分してください。

平均的なサーバーの場合は水が減るとボトルには空気が入り込み、清潔とは言えなくなってしまいます。
しかしながらワンウェイ方式のウォーターサーバーに関しては、水が減るとボトル内が減圧しボトルが小さくなっていきます。
最後にはボトルが押しつぶされたようにぺたんこになるというのが、ワンウェイ方式です。
ボトルの中は雑菌が全くない状態に近づくため清潔を保て、サーバーのメンテナンスも必要ありません。

リターナブル方式に関しては、使い終わったボトルを業者に返すことによって再利用します。
水を保管することや、空っぽのボトルを置いておくことも大切になります。
もともとのウォーターサーバーだと、このリターナブルタイプが最も多いと思われます。
リターナブル方式なら、1年に1回から2回のメンテナンスが不可欠です。

ワンウェイ方式のものよりも比較的割安だということも、リターナブル方式が選ばれる理由でしょう。
おのおのによい点がありますので、ウォーターサーバーの利用を始める際にはこれらをよくチェックして決定しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ