ウォーターサーバー豆知識

宅配方法

宅配方法

ウォーターサーバーの利用に際しては、水の宅配については方法が分かれます。
各業者の水の宅配方法によって、メリットとなる点とデメリットになる点がありますから事前によく確認しておくようにしましょう。
ウォーターサーバー用の水の宅配は、自分の会社で配送を受け持つケースと宅配業者に委託して配送する場合とがあります。

自社で客先まで配送する場合は、新しい水のボトルと空いたボトルの交換・セットまで行ってくれます。
そのときに、ウォーターサーバーに関するささいなことを尋ねることも良いでしょう。
しかしたくさんの家や会社に水を配送しているので、細かく時間を指定することは不可能な場合も考えられます。
一方、宅配業者の場合には、一般の宅配便として扱われるため、時間を指定しての受け取りが可能です。

とはいってもボトルの交換と設置に関しては含まれていないので、交換は自分で行う必要があります。
多くが玄関先までの配達となり、指定の部屋まで運搬してくれる場合は少ないかもしれません。
大多数の業者が、1ボトル12リットル〜18リットルとかなりの重さのボトルを使用しています。
お年寄りや女性ですと、玄関先から設置場所までボトルを運ぶのは大変な作業になるかもしれません。

それぞれの家の事情もあるでしょうから、宅配業者を利用しているのか自社で届けてくれるのかに応じたメリット・デメリットを考慮してからウォーターサーバーの業者を選ぶようにしましょう。
一時的ではなく、定期的に配送されるので、無理のかからない方法を選んだほうが良いでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ